HOME > Voice > 入社年度 > 2017年入社 > 林 和輝

パチンコ未経験の新入社員でも、笑顔や挨拶といった接客の基礎なら一番になることができます。

ミクちゃんアリーナ学園南店

林 和輝(2017年4月入社)

タツミコーポレーションへの入社を決めた理由を教えてください。

人を笑顔にさせる仕事に就きたいという思いを持って、就職活動をしていました。タツミコーポレーションは、パチンコ店だけでなくカラオケ店や飲食店、ゴルフ場の経営など多角的に事業を展開していること、そして二次面接で熱心にお話をしてくださった人事部長に惹かれて入社しました。

仕事内容を具体的に教えてください。

パチンコ店のホールでの接客が主な仕事です。接客といっても、箱下ろしやスロットのメダル交換などの一般的な作業から、遊技台のトラブル対応など業務は多岐にわたります。お客様がいかに満足して遊技していただけるかを考え、環境を整えることが私の仕事です。

この仕事の魅力、面白いところは何ですか?

ホール業務は、いくらでも突き詰めることができるところが魅力です。2〜3カ月働いていれば、一連の業務を覚えてこなすことはできます。しかし、より素早く対応するにはどうすればいいだろうか、アルバイトスタッフにここを任せて自分は別の業務をした方がホールがスムーズに回るのではないだろうかなどと、考え工夫することに面白さを感じます。

この仕事の難しいところ、大変なところは何ですか?

私は、パチンコ店での勤務経験はもちろん、パチンコでの遊技経験が無いまま入社したため、最初はアルバイトスタッフとの関係づくりに苦戦しました。というのも、私より知識も経験のあるアルバイトスタッフの方へ、社員として指示を出さなければいけないからです。スタッフの連帯感が無いと、結果的にホールを潤滑に回せなくなってお客様にも迷惑を掛けてしまいます。そのため、まずは知識を付け経験を積んで、アルバイトスタッフに信頼される社員になることを目指しました。

一番、やりがいを感じた具体的なエピソードを教えてください。

店舗の接客向上担当を任せていただいたことです。同じ店舗で働く同期2人は、パチンコ店でのアルバイト経験もあり、とても仕事ができるので、最初は劣等感を感じていました。しかし、自分にできることをしっかりやろうと、笑顔やマナーを大事に接客をしていたら、主任から「君が一番接客の基礎ができてるから、接客向上担当を任せたい」と言ってもらえて、とてもうれしかったです。

会社に対して最も魅力を感じるのはどんなところですか?

社長が、私たちのような一般社員をとても大事にしてくれるところです。月8回のお休みや長期休暇、有給休暇を取れる制度を作ってくれるなど手厚い福利厚生を用意してくださって、社員の意見にいつも耳を傾けてくれます。社員を大切にしてくれる会社だなと、入社以来いつも感じています。

今後のビジョン、挑戦したいことを教えてください。

これから後輩も入社してくるので、さらに遊技台の知識などを身に付けて効率の良い動きができるホールスタッフになりたいです。また、次の目標は班長になることなので、そのためにもホール全体を見渡せる広い視野を持って仕事をしないといけないし、金銭管理や備品の管理なども任せていただけるように頑張らなければと思っています。

これから入社を考える方へのメッセージをお願いします。

タツミコーポレーションは、年功序列の風土が一切ありません。若手社員の意見も対等に聞いてくれて、やりたいことに挑戦させてもらえる環境があります。優しい先輩方が全力でサポートしてくれる環境があるので、自ら積極的に仕事に打ち込める人やアミューズメント業界に興味がある方は、ぜひタツミコーポレーションの面接に足を運んでみてください。

これから入社を考える方へのメッセージをお願いします

働く上で、給料や休みなどの福利厚生はとても大事です。けれど、それだけでなく自分がやりがいを持って働ける仕事、楽しく働ける仕事を選んでほしいと思います。せっかくの就職活動の機会なので、絞りすぎずたくさんの企業の話を聞いてみるのがおすすめです。目標は必ずしも働く前から持つ必要は無いと思いますが、働きながら見つけていきたいという気持ちを持っている人と一緒に仕事をしたいと思います。