HOME > Voice > 入社年度 > 2017年入社 > 櫻木 恵太

お客様から掛けていただく「ありがとう」の言葉が、働く上で何よりの励みです。

ストランド垂水店

櫻木 恵太(2017年入社)

タツミコーポレーションへの入社を決めた理由を教えてください。

今勤めているストランド垂水店の近くにある高校に通っていて、高校時代からよくストランドを利用していました。他のカラオケ店と比べて、部屋も綺麗で料理もおいしく、いいイメージを持っていました。就職活動の際にタツミコーポレーションの求人を見つけて、ストランドを運営している企業だと知ったので、ストランドで働きたいという気持ちで入社を決めました。

仕事内容を具体的に教えてください。

現場業務としては、受付やお会計、頼まれた注文への対応、調理・配膳、お部屋・トイレ・ドリンクバーの清掃などがあります。また、イベント企画書やPOPの作成、必要なものの発注業務なども行っています。

この仕事の魅力、面白いところは何ですか?

お客様とコミュニケーションを取るシーンが多いところです。特に、カウンターにいるときはお客様と話す機会が多いので、常連さんと世間話をしたり、色んな年代の方に合わせた話し方や話題の選び方を心掛けて接客をしています。また、シフト制で日中や夜などさまざまな時間帯に働けることも、自分の生活スタイルには合っていました。

この仕事の難しいところ、大変なところは何ですか?

魅力とも重なるのですが、お客様にもさまざまな年代の方がいて、かつ業者さんとのやりとりなどもあるので、相手や場面に応じて接客方法を変えることが難しいです。言葉の選び方ひとつで、ときにはトラブルにもなりえるし、ときにはお客様にとても喜んでいただけるきっかけになるかもしれないという意識を持って接客をしています。

一番、やりがいを感じた具体的なエピソードを教えてください。

ストランド垂水店は常連の方がとても多いお店です。私が働き始めた頃は「新人さん?」と声を掛けてくれたのですが、顔なじみになってくるにつれて、受付の際や料理を運んだときにたくさん声を掛けてもらえるようになりました。今では、電話をとったときの声でお互いの声だとわかるほどです。そういったお客様から掛けていただく「ありがとう」の言葉は何より嬉しいですね。

会社に対して最も魅力を感じるのはどんなところですか?

就職活動をしている頃から、社長や役員の方の顔が見えない環境で、指示だけが出されて働くのは嫌だなと感じていました、そのため、できるだけ現場主義で社長に距離の近い企業を志望していたのですが、タツミコーポレーションはまさにその通りでした。木下社長は現場の意見をどんどん取り入れてくださるし、会ったらいつも僕が気付くより先に見つけて声を掛けてくれます。

今後のビジョン、挑戦したいことを教えてください。

まずは、今任されてる仕事を完璧にこなせるようになりたいです。そして、できるだけ早く役職に就けたらと思います。タツミコーポレーションは、パチンコ店やカラオケ店以外にも事業を広げているので、将来的には新規事業の立ち上げに参画することが目標です。

これから入社を考える方へのメッセージをお願いします

働く上で、給料や休みなどの福利厚生はとても大事です。けれど、それだけでなく自分がやりがいを持って働ける仕事、楽しく働ける仕事を選んでほしいと思います。せっかくの就職活動の機会なので、絞りすぎずたくさんの企業の話を聞いてみるのがおすすめです。目標は必ずしも働く前から持つ必要は無いと思いますが、働きながら見つけていきたいという気持ちを持っている人と一緒に仕事をしたいと思います。